降格圏に突入。でもいい方向に向かってると思う。

はいどうもこんにちは、だいきーとです。コーチングスクールのテストがあって、それまでに提出しないといけない課題の見た目を結構時間をかけて作ってしまいました。手を抜けるところは手を抜いて変に凝るもんじゃないと心底思いました(笑)

やっぱり『チーム』は難しい

スペインリーガー(ベテランリーグ)だいきーとのチームは現在降格圏に突入しました。いや、でも怪我の功名とかいうじゃないですか。ここにきてやっとサッカーってひとつのチームスポーツなんだよってことと、一つのプレーモデルをチーム全体で理解し出してる気がして、このままいい方向にいく気がします。

リーグ戦第26節ADミーニョ(AD Miño)戦 4-2 ●

アウェイでの試合なんですが、待ち合わせ時間を勘違いしさらに場所を間違えて本当に直前にグラウンドに到着。かなーり昔に何度か来て更衣室が綺麗だったって記憶があったんですが、その通り。なんかすごい気持ちいいんよ、あの更衣室。

前日気温がものすごく上がって日中25°C以上になってたりもしたんですが、この日は7度以上も気温が下がりかなり肌寒い感じでした。?

到着が遅れて着替えが終わった時にはすでに試合が始まってました。メンバーの数は13人だったんですけど、選手の1人がやっぱり怪我でプレーすることが不可能とのことでやっぱり交代1人の状況に。多分前半20分くらいから左サイドバックと変わって出場。1点先制されてすぐ後にFKから味方が頭で押し込んで同点。そのまま後半で結構カウンターでチャンスはあったけど決めきれず。相手にボールは支配されてるけど、試合のコントロールができてるなー、このまま1点決められなかったら多分引き分けで終わるだろうなーと思ってたら相手のロングボールに対してCBの1人が下がる、GKが出てくる。CBがヘディングで処理、でも後ろに。見事にオウンゴールで勝ち越され。サッカーって怖いよね。自分はこれで精神的に少しやられました(笑)

mino1

それでもチャンスは作ってたんですけど相手のサイドチェンジでボールがワンバウンドして自分のゾーンに。今まで対峙してた相手でほとんど抜かれてなかったんです。だから相手に一度コントロールさせて前を向かせなければよかったのに、本当に一瞬の判断でヘディングで届くし、たぶんルーズボールになってもサイドライン割るだろうと思って競り合いました。見事にボールが一緒に倒れた相手の2mくらい前に転がって相手が立ち上がってセンタリング。カバーに来てたCBの足に当たってゴールへ。これ本当に判断間違ったなーと反省。サッカーってボール扱いとかより、本当に一番大事なのは「判断」だよ。一瞬での決断の繰り返し、これがサッカー ??

mino3

1点取り返して1点差まで迫ったんですけど、味方がひとり負傷で続行不可能。たった1人だけいる選手も負傷ありでプレーできず、やっぱり4点目決められて負けました。

mino2

もうかなり前からボールを持ったらもう前線の選手に長いボールを当てることしか考えてないんですが、多分この試合が今までで一番ロングボール蹴ったと思う。とりあえずこの試合は「判断」の重要さってやつを痛感しました。そうなると経験って大事だわ。あと味方の選手と衝突して脇腹と背中が打撲でひどいことになりました(笑)

リーグ戦第27節ピアデラ(Piadela)戦 1-2 ●

ホームでの試合だったんですが、この試合は先週の試合で打撲して痛めた脇腹と背中が痛くてよっぽどのことがない限り出場するのは無理だなと思ってました。でもこれまた来れる選手の数が12人。しかもそのうちの1人は77歳。相手は2位。ダッシュするのも厳しかったんですが、ひっさしぶりにFWで出場しました。

1

もう2試合目くらいからDFでプレーしたいって言ってたんです。理由は全員の中で共通したはっきりとしたプレースタイルを共有してないから、攻撃の比重が高いポジションだと右の味方と後ろにいる味方と左にいる味方と前にいる味方、四方の味方全員がまったく違うサッカーをやりたいって考えててめちゃくちゃだし、守備でも全員が好きなように守るからプレッシャーも変なところでかけに行かされて疲れるから。だったら守備の方がやることはほぼ決まってるし、ゾーンなのかマンツーマンなのかミックスなのかの違いはあるけど結局大して困らないから。

でもこの日は緊急事態でFW。しかもみんながやるべきサッカーのスタイルを共通して持って、それぞれが自身の役割を理解してたからやりやすい。おかげで痛みでほとんど動けないのに先制点の1点決めただけじゃなくてシュートも5本打つとか、多分今までのシーズンでの合計をたった1試合で上回りました(笑)

試合は2人負傷、そのうちはGKでグラウンド内には77歳が走り回るっていう状況でボールポゼッションはなくても同点に追いつかれた試合のコントロールを握れてました。これは少なくとも引き分け、もしくはカウンターで2位に勝ち越しもいけるかなーと思ってました。でも神様って意地悪で、相手のセンタリングにたまたまカバーに入った味方選手の手に当たってPKで逆転を許して敗戦。

結局体験するしかない

試合の後、チームのチャットで「よくやったー!」的なコメントがあって、このタイミングだなーと思って1日置いて自分が思ってる事を伝えました。本当に自分が思ってる事を伝えられる語学力ってあったほうがいいよ。

1

 

自分が監督ならもっと前に伝えたかったんだけど、なにぶん練習も何もしないから実際に試合で体験、特にポジティブな方の体験をしたほうがいいんだよね。

Tagged under

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です