Blog

『親切』と『厚かましい』-結局、世の中『厚かましい』が勝つよね-

どうもこんにちは、だいきーとです。

 

 

 

 

プライベートレッスンで日本語を教えているんですが、日本語レッスン用にSNSを使ってたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり日本語と言うと、どうしてもマンガ・アニメが好きな人たちにフォローされます。

 

 

 

 

 

 

 

基本全てスペイン語を使っているので、スペインだけでなく中南米の国、さらにはアメリカ合衆国の人たちからフォローされたりするんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ていうか中南米の国からの方が多い(笑)

 

 

 

 

 

 

 

まあスペインの総人口なんてたった4000万人程度ですしね。

 

 

 

 

 

 

 

でもベネズエラのカラカスからとか今とんでもない情勢の国の人からフォローされたりして、しかもその人が普通にアニメとかの投稿をしてたりしてこいつは何者なんやと思ったりしてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁそれはいいんですけど、みんなツラの皮が厚い。

 

 

 

 

 

 

 

 

『日本語を教えてくれ』『日本のアニメに字幕をつけてくれ』やら、『漫画の翻訳をしてくれ』と言うメッセージがよくきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペイン語だけじゃなくて英語でもたまに来たりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そういうのにはもうほとんど対応してない。

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず皆ボランティアでやってくれることを前提で言うしね。

 

 

 

 

 

 

『日本語で助けてもらいたいからフォローしてくれ・メッセージで話そう』とか、別に本当にピンポイントでわからんとこをたまーに聞くくらいならいいんですが、こういう人は大体毎日『私だけの日本語教室!』を希望してきて、どう考えても都合良いように使うつもりやん!て魂胆がミエミエの人もいたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもそういう人に限って自分で作り出したものじゃなくて他の人の作品(特にアニメ・マンガ系ね)を無断で使用してたりするんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは実体験なんだけど、コメントで投稿と関係ある言葉について質問されて答えたら『日本語とかで助けてもらいたいからプライベートメッセージで話そう!』とか言われたんで無視ってたら、コメント欄で次から質問の嵐で、いやGoogle大先生に聞いた方が早いんじゃね?って返信してやりたい衝動に駆られたり。

 

 

 

 

 

 

 

まあこれを親切にやってあげる人もいると思うんですよ。

 

 

 

 

 

 

でも僕は全然親切じゃなくていいっす。だって友達の頼みならいず知らず、見たことも話したこともない赤の他人のために親切に時間を割くほど僕はいい人じゃないです。これもかなり実体験なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こーゆーのに1回対応すると、2回目からも要求されるし、そこでこっちの都合で無理だと言ったら相手が怒り出したりとかね。

 

 

 

 

 

 

 

スペイン語勉強してて日本が好きなスペイン語が母国語の人と話して上達したい!日本語についても教えてあげたい!って人がいたらたくさん紹介できるので、ぜひ一言かけてください!(笑)

 

 

 

 

 

 

以上、愚痴でした!(笑)

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です