サッカーで道徳?実力差がありすぎる相手との試合で何か学べるか

投稿日: カテゴリー: BlogFootball

2016-10-03-22-05-45-e1476294112628

どうもこんにちは、だいきーとです。今日がトゥディで明日がトゥモローで毎日がエブリディです。そんでスタイルシートいじってるんですが、全然反映されません。ま、素人同然なんで睡眠時間でも削って勉強してみます。

新シーズン開幕!(済み)

今季はかなり出遅れ過ぎて、監督するチームがなさそうです。つまりここでの収入が今季はないってことなんだよね。月200€でって交渉してた大人のチームからも結局今週電話するって言われてイエスともノーとも連絡来てないしね。そんなわけで、しばらくチャンスがあるまではUEFA Aコーチングライセンスの勉強を頑張ります。そんなわけで今日は道徳の授業。

サッカーで道徳って?

競技。Competir。それとも学習?Aprender?で、それがサッカーの道徳と関係あるの?あるんです!(UEFAが言うには)

今月に実際に起こったことなんですが、U12カテゴリーのリーグ戦で25-0っていう結果の試合がありました。192秒に1ゴールですって。25-0の試合で子供たちが学ぶことってあるの?負けたチームの子供たちの精神衛生上、よろしくないんじゃないの?ってことでかなりの反響があったんです。

1-2

スコアに5ゴール以上差がついたらもうそれ以上は公式記録につけないで、スコアは5-0でいいじゃん!っていう案もチラホラ聞かれるんですが、なにぶんリーグ戦なもんでゴールアベレージがあるから出来るだけ得失点差を広げておきたい。それに子供たちもアホじゃないから、結局どれだけゴールを入れられたかわかる…

じゃあ競技、スペイン語でCompetirじゃなくて学習、スペイン語でAprenderをメインにしていくべきなんじゃないか…いやでも…って、スペイン人ってとにかく討論が好きなんですよねー。しかもこういうハッキリとした答えがない場合はとんでもないことになるんです。

どっちが相手に失礼なんでしょ

5-0で勝ってるからもう攻撃しない、インテンシティを下げる、これをやらないと相手にリスペクトが欠けてることになるっていうのがスペイン一般的な考えなんですよね。よく知られた例だと、ネイマールがスコア開いた状態でヒールリフト的なことして、しつれいじゃねーか!ってことでやられてます。

これ本当によくいろんな人に言ってるんですけど、個人的な考えでは大差がついたからって力を抜く方が相手に対して失礼だと思うの。だって相手のことゴミ以下として取り扱ってるってことだからね。自分が大差で負けてるチームの選手なら、相手にされてない、相手にするほどの存在でもないってことで、これ以上の侮辱はないと思う。

2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です